ピル通販

ピル通販

ピル通販

 

 通販って、ピル等の薬に限らず、他の買い物でも

 

相手の顔が見えない分、不安が先に立ちますよね。

 

それが、毎日服用する薬となると、特に不安が大きくなるのでは

 

ないでしょうか。

 

それ相応のお金を出してるわけですから。

 

偽物の薬なんて間違っても買いたくないですよね。

 

 

勿論、掛かりつけの信頼のおける

 

お医者さんに相談して処方して頂けたら

 

偽物とか心配無用な

 

わけなんですが、全ての女性が

 

そう行動できる訳ではありません。そんな多くの女性の為に

 

ピル通販という便利なシステムがあります。

 

ピル通販と一言で申しましても、誠に残念ながら、我々消費者心理を

 

逆手に取り、足元を見てる業者は少なくありません。

 

けれど正しい知識があれば、正しいものだけを選ぶ事は

 

容易のように思えます。

 

 

便利な世の中・便利な物は賢く便利に安全に使いたいですね。

 

そこで当サイトが以下に簡単に注意事項等を説明したいと思います。

 

だいぶ周知されてきたと思いますが、今一度、服用に際しての禁忌

 

述べたいと思います。まず、高血圧・肥満・血栓症のリスクのある人

 

また、これは、まだ、あまり知られてないのではないでしょうか?

 

「前兆」のある片頭痛を起こす方はピルを服用できません。

 

因みに前兆が何を指すかというと、光で字が見えにくくなる・視野が狭くなる・

 

光が見える等です。

 

 

残念ながら予防薬を服用してたとしても

 

ピルの服用は出来ません

 

こういった症状があるにも関わらず

 

知らずに服用してしまうと大変危険です。

 

但し、こういった前兆のない片頭痛の方は服用可能です。

 

けれど自己判断は危険です。まず自分が感じてる異常が前兆のある

 

片頭痛なのか否かを医療機関を受診して診て頂くことも重要かと思います。

 

もしかしたら、違うかもしれませんから。

 

まずは、服用に際しての禁忌をよく知った上で誤った知識と偏見を

 

無くす事が大事です。

 

また、特に服用に心配のない方でも、定期的に血液検査をして

 

血栓症の危険因子・貧血の有無、脂質・肝機能等をチェック

 

して頂くことが重要です。

 

こういった点の「安全」は、やはり女性一人一人が強い認識の基

 

維持していくことが大事だと思います。

 

定期的に医療機関を受診して安全の維持に努める事が出来る方は

 

>>こちらの優良サイトよりピル購入できます

 

ピル避妊

 

 ここでは、今一度、ピルの避妊成功率について述べたいと思います。

 

まず、通常、何も問題が無ければ、ピルの避妊成功率は99.9%とされてます。

 

問題なくというのは「正しく服用できれば」という事です。

 

ピルって飲めば簡単に避妊が成立すると思われがちですが。

 

確かにフターピルの場合は性交後72時間以内に服用

 

する事で望まない妊娠を避けることが出来ます。

 

(これにも服用後2時間以内に下痢や嘔吐をしたら吸収されてない事が

 

予測されるので追加でもう一錠飲む必要がある等の注意事項がある)

 

但し長期服用には適してませんし、やはり副作用の出現率も

 

低用量ピルに比べて高くなってます。

 

緩やかに卵巣を眠らせ、子宮の状態を妊娠し難い状態に

 

持っていきたいという方の為に低用量ピルがあるのですが。

 

アフターピルとは少し勝手が違います。

 

低用量ピルの場合は飲み始めるタイミング・飲んだ後の副作用の対応によっても

 

避妊成功のパーセンテージは下がってしまうんです。

 

例えば、ピルの服用後に飲酒・あるいは副作用で薬が完全

 

吸収されるとされる4時間以内に嘔吐してしまった場合に

 

追加を服用しなかったり。

 

1シート目、1日目(生理開始から最初の日曜日)から

 

安心してしまって避妊せず性交

 

 

してしまった場合。

 

サンデータイプの場合は緩やかに卵巣を眠らせる為

 

最初の1週間

 

まだコンドームによる避妊が

 

必要になります)

 

7日間休薬(この間に生理がきます)を守れなかったり。

 

8日以上の休薬は危険です。

 

これは卵巣が目覚めてしまう為です。

 

目覚めた状態で直ぐに無防備な性交があったからと必ずしも

 

妊娠するわけではないのですが危険性は高くなります。

 

>>以上の注意事項を充分留意しピルによる避妊を考える方はこちら

 

ピル副作用

 

 ピルの副作用として深く浸透してる代表的な症状として

 

多くの方が挙げるのが吐き気・嘔吐・浮腫み・頭痛等では

 

ないでしょうか。もちろん正解です。

 

けれど、きっと皆さんにとって最も手ごわい副作用。

 

吐き気に、お悩みの方には、心強い助っ人が居る事を

 

ご存知ですか?一般的に、酔い止めを一緒に飲むと

 

吐き気対策が出来るとされてますが、助っ人は、それだけではないんですよ♪

 

それはズバリ、ビタミンB6なんです。

 

色んな対策をと入りれて副作用を断ち切り薬の効果を発揮させましょう。

 

 

妊婦さんにも、同様の効果があったそうで、これは試してみる価値は

 

充分あるでしょう♪適切な量としてはサプリメントのビタミンB6を

 

1日3回に分けて服用しトータル75mgを摂取した所、副作用の

 

吐き気が緩和したそうです。

 

因みに、日頃、私たちが口にしてる食べ物の中にも豊富に

 

ビタミンB6が含まれる食材があります。

 

 

一部を挙げて行きますと、バナナ・野菜・

 

豆類・鶏肉・豚肉・魚介類等です。

 

日頃からバランスよく食べる事を

 

心がけてアクシデントを乗り切りましょう。

 

吐き気を含む副作用の対策は人それぞれです。

 

ご自身にあった対策を見付けて辛い時期を

 

乗り切りましょう。

 

但し色々試しても乗り切れない時は、残念ながら

 

薬が体に合ってない可能性もあるので専門医に相談してみましょう。

 

>>色々踏まえピルと上手に付き合いたい方はこちらから

 

ピル止めた後

 

 一旦、服用していたピルを何らかの事情で止めようとする時

 

誰もが不安になるのが、止めた後の身体の変化ではないでしょうか。

 

そこで長く続けてきたピルの服用を止めた時、女性の身体は

 

どのような反応をするのか調べて参りました。

 

ただ、服用を中止する際は必ず医師と相談のもと、そのタイミング等

 

決めて下さい。決して自己判断で、間違ったタイミングで

 

服用を中止しないで下さい。ホルモンバランスを大きく崩す危険

 

有りますので。注意事項は、この一点だけですね。

 

基本、別段、悪い事は起きませんという結論から先に述べさせて

 

頂きたいと思います。

 

まず身体に起きる変化として。

 

服用中止後、通常の生理が来るまで数か月を要するという点ですね。

 

服用を中止後、妊娠し難いか、し易いかは個人差が出てくる所なので

 

一概には言えませんが。

 

妊娠を希望しないのであれば、それなりに、ちゃんとした生理が起きてなくても

 

しっかり避妊しましょう。

 

一部調査結果では服用中止の直ぐ後に妊娠した場合に

 

 

二卵性の双子ちゃん妊娠率が高いという報告が有りましたが。

 

勿論、胎児にも母体にも重大な異常が起こる事も無く将来の

 

妊娠出産や生まれてきた子供への悪影響も有りません。

 

なので、用途に合わせ服用し、必要に応じて不安がらずに服用を

 

中止して大丈夫です。

 

ただ、長い間服用を中止して再開させた時は、体の中の

 

ホルモン状態は振り出しに戻ってますので、また飲み始めの

 

数日間はピルの副作用の洗礼を受ける確率は高くなります。

 

ただ、こちらも、必ず副作用が出るという訳ではないので

 

やはり必要に応じて再開して頂いて全く問題ありません。

 

>>注意事項も判った所でピルにかけてみようと思う方はこちらから

 

ピル原理

 

 ピルユーザーの皆さん、そもそも、どうしてピルで避妊が可能なのか。

 

深く考えた事ってありますか?今回、こちらのコーナーでは

 

ピルの原理を追求していきたいと思います。

 

今一度ピルの特徴と性質を知って、正しく服用する上で

 

プラスにして頂けたらと思います。

 

では、早速参りましょう。

 

通常、正常な生理を起こす為に、必要なホルモンが二つあります。

 

卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロゲン)と

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

 

ピルには、両方のホルモンが少量ずつ配合されてます。

 

ピルを生理初日から服用する事で脳のホルモン中枢は

 

卵巣ホルモンが働いてると勘違いして排卵を起こす

 

為の指令を出さなくなり、結果、ピル服用中は排卵が止まります。

 

排卵が止まれば、仮に精子が入って来ても、精子と出会うための

 

卵子が排卵されませんので妊娠は絶対に起こらないのです

 

ピルは更に「黄体ホルモン」が子宮頸管粘膜に働きかけて、

 

粘り気を持ちます。

 

粘り気を持つことで精子の通過・進入は非常に困難になります。

 

こうして卵子との出会いを妨げます。

 

そして、さらなる予防策として、着床出来ない状態に子宮内膜の

 

状態を維持します。

 

着床できない子宮内膜とは、どういった状態なのかと言いますと。

 

妊娠に適した子宮と言うのはエストロゲンと

 

プロゲステロンが作り出す

 

柔らかい子宮内膜なのですが、ピルの働きによって黄体ホルモンが

 

作用しますので充分な厚さを作り出すことが出来なくなります。

 

以上の大きな三つの働きで望まない妊娠を防いでくれます。

 

但し、これには条件が有ります。

 

 

正しい服用と言う絶対条件です。

 

ピルの原理と正しい服用方法をよく

 

理解して上手にピルと

 

付き合って頂きたいと思います。

 

 

>>ピルの働きを理解できて正しく服用できる方はこちらから